愛知県小牧市・大口町の
児童発達支援・放課後等デイサービス

6月・水無月

今年もはや半年が過ぎようとしています。日々成長していく子どもたちの姿に時の早さを感じるこの頃です。

さて、重心いろはの土曜プログラムは、子どもたちが楽しく参加できる盛りだくさんの内容をお届けしております。

6月4日、最初の土曜日は「むし歯予防デー」にちなんで職員扮するミュージカルを上演しました。

おやつの後に聞こえてきた不気味な声で開幕です。

『フハハハハハ‼ 吾輩はムシバキン様だ‼俺様の住処になりそうな子どもの口はないかな!おや?ここに甘いお菓子を食べた歯があるぞ。よ~し!この歯をむし歯にして吾輩の住処にしてやろう!』

『ギギギギギギギギギギギギギギギッ‼

やめるのよ! ムシバキン❣』

『私は良い子の歯を守る強~い味方!その名も「歯みがきウーマン☆」』

『なんだと!俺様にかなうものか!』

『スーパー❣アクアフレッーシュッ❣』

歯ブラシで汚れを落としたら、ムシバキンも消えてしまいました。

最後はみんなで一緒に歯みがきタイム。

とても上手に磨けました。

こんなにきれいな歯では、ムシバキンも退散ですね。

 

面白かったですか?

水無月とは、旧暦6月の異称で、「水の月」に由来する説の中には、梅雨の時期になることからという説があるそうです。傘の花咲く季節、雨上がりの木々の緑がより美しく輝くように、いろはで過ごす時間が彩り豊かなものとなりますように❤
重症心身障がい児デイサービス いろは

重心避難訓練

5月26日

地震を想定した避難訓練を行いました。

 

緊急地震速報が鳴り、職員の「大変だ!机の下に隠れて!」の声に子どもたちは机の下にもぐったり、クッションを頭に被ったりして、体や頭を守ることが出来ました。

揺れが止んだ後は、外に出て車に乗り込み、落ち着いて避難することが出来ました。

今後も定期的に様々な危険や災害を想定しながら訓練を行っていきます。

 

重症心身障がい児デイサービス いろは

『初夏の気配』重心いろは

4月に咲き誇っていた桜も鮮やかな新緑となり、気温も少しずつ上がり、〝もうすぐ夏が来るんだなぁ〟と感じる今日この頃です。子どもたちも新しい環境(進級・進学などで)にも慣れ、のびのびと楽しく遊んでいます☆

 

『Let’s   Cook!!』

みんなでいちごジャム作りに挑戦しました!

この時期のいちごは甘みと酸味のバランスが絶妙でジャム作りには最適です☆

みんなが様々な工程に分かれて、料理していきました。出来上がりが楽しみ!

 

いちごに砂糖を入れまーす(^‐^)

いちごと砂糖が入ったボウルをよく振りまーす☆

うまくできるかなぁ?

 

ママとパパにプレゼントするんだぁ!

 

美味しい!!

帰りのお土産分もゲット☆

お母さん、喜んでくれるかなぁ~(^0^)

 

『子どもの日Party ☆彡』

5月5日は子どもの日ということで、工作や鯉のぼり釣りゲームをして遊びました!

何ができるかな~♪

 

上手に釣れたね!

 

6月もみんなで楽しい遊びをたくさんしていきましょうね(^0^)
重症心身障がい児デイサービス いろは

重心いろは「進級おめでとう」

春の訪れとともに、菜の花や桜が一斉に咲き始めました。この4月、1つずつお兄さんお姉さんに進級した皆さん、『おめでとうございます!!』

進級を祝う会では、ブロックを積み上げるゲームをしました。1人で上手に積み上げたね☆彡


また、ミックスジュースを作りました。美味しく出来たかな!(^^)!

大人っぽくなってきた子や、

大好きな動くおもちゃで遊んだ後は、片づけもしっかり出来るようになった子。

ご飯をたくさん食べて、体が大きくなった子。

絵本めくりが上手になった子。

 

たくさんの成長を見守ることが出来て、とても嬉しいです。

今年度も、いろはのお友達や先生と、ステキな1年を作り上げていきましょう!ワクワクする時間がたくさん出来るように、皆さんの笑顔をいっぱい見せてもらえるように、楽しい企画を考えながら楽しく過ごしていきたいと思います (#^^#)

 

重症心身障がい児デイサービス いろは

春一番 重心いろは

重心いろはにとって初の卒業生を笑顔で送り出し、また1つ大切な1ページが刻まれたことを嬉しく思います。また、今年度を振り返ってみると、たくさんの素敵な思い出があります。その1つ1つを噛みしめながら、これからも前に進んでいきたいと思います☆

 

『ひな祭りパーティー』

みんなでひな祭りパーティーを開きました!

お雛様作りでは、紙コップやモールなどを使ってお雛様とお内裏様を作りました!

可愛く仕上がりました(^‐^)

作った人形を持って、桃の花が咲く木の前でハイチーズ☆

 

♪灯りをつけましょ、ぼんぼりに~

お花をあげましょ、桃の花~♪

 

帰ったら、お母さんに見せよーっと!

 

工作の次は、絵合わせゲーム(神経衰弱)☆彡

子どもたちは職員と2人組みになり、裏返しになったハマグリを2枚返し、同じ絵柄が揃ったペアの勝利!!!なのですが、なかなか揃わず・・・(笑)。4巡目にしてようやく絵柄が揃った時には、みんなで万歳と拍手があがりました(^^)/

勢いよく「これだー!」と選んだり、

どうしようかなーと悩んだり、

たくさん笑って楽しく過ごしました♪

 

4月は出会いの季節ですね。次年度もまた、さらに楽しい1年にしていきましょう(^0^)
重症心身障がい児デイサービス いろは

重心「春よ来い」

 

春よ来い 早く来い

あるきはじめた みいちゃんが

赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいて

おんもへ出たいと 待っている

 

この3月、重心いろはで初めての卒業生2名が巣立っていきます。立春を過ぎても寒い日が続き、暖かい春が待ち遠しくありますが、カレンダーに付けた卒業の印を見ると、言い表せない気持ちで職員の胸はぎゅっとなります。「春よ来い、ゆっくり来い…」

優しかったお姉さん、頼もしかったお兄さんと過ごす日々もあとわずか…。

そこで、卒業生と在校生が共に、いろはで出会えたこと、楽しく過ごせたことを感謝し合うイベントを、3月に開催することになりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

「一期一会~ありがとうの会」に向けて

在校生から卒業生に。卒業生から在校生に。感謝を込めた贈り物の準備が始まりました!

細長い色画用紙にシールを貼って…何を作っているのでしょう?

この台紙にペットボトルのキャップを付けるとカスタネットになるのです。

喜んでくれるかなあ?思いを込めてシールを選び、貼る場所も枚数も自分で決めます。

可愛い小太鼓が完成しました。上手に出来たね、自分で作ると嬉しいね。

好きな色の紙コップを選んだら、迷うほどたくさんのシールの中からお気に入りを探します。

「これが好き!」しっかり指差しをして自分で職員に伝え、難しいところだけ手伝ってもらいます。

これはマラカスです。

そうです。在校生はみんな、手作り楽器を作っているのです。楽器が出来たら…さあ、みんなで練習しましょう!

卒業生も職員と一緒に何か選んでいます。

さあ、何が出来てくるのかな?

 

一期一会とは、茶道に由来する日本のことわざで「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という意味だそうです。

2月…子どもたちも職員もそれぞれの思いを巡らせながら、お別れの日の準備をしています。

 

重症心身障がい児デイサービス いろは

1月の重心

2022年が始まりました。これからも皆さんが、笑顔で楽しく通える施設であり続けられるよう、日々努めてまいります。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

『お正月遊び』

最近はなじみが薄くなってしまった様々なお正月遊びを行いました。お手玉遊びや、獅子舞などおじいちゃんおばあちゃん世代には懐かしく子ども達にとっては新鮮な遊びだったかもしれません(#^^#)

「お手玉」

お手玉の感触やカサカサする音を楽しんだり、歌いながら隣のお友達へ手渡したりして遊びました(^▽^)  

 

「獅子舞」

獅子舞に頭をかじられると良いことがあるといわれています。獅子舞の顔に目が点の子どももいました。子ども達に幸運がたくさん訪れますように(o^―^o)

 

「すごろく」

1人で転がせる子は1人で!難しい子は職員と一緒にサイコロを転がしてすごろくをしました。サイコロが転がる様子を楽しんだり、ゴールした時に拍手をして盛り上がったりしながら遊びました(^▽^)/

 

「あやとり」

実はお正月遊びだということです。職員は昔を思い出しながら「橋」「熊手」などを作って披露しました。

来月も楽しい企画をご用意しております!

楽しみにして下さいね(^-^)
重症心身障がい児デイサービス いろは

重心避難訓練

12月24日

火災を想定した避難訓練を行いました。

 

冷蔵庫後ろから火が出たと知らせると、すぐにハンカチで口元を覆い、低い体勢に!

その後、全員車に乗り込み、近くの避難場所へ向かいました。

みんな落ち着いて先生達の話を聞き、無事避難することが出来ました。

今後も定期的に避難訓練を行い、もしもの時に備えていきます。

 

重症心身障がい児デイサービス いろは